車中泊の結露対策

車中泊の結露対策

登山口などで車中泊するとき、気節によっては車内の結露に悩まされることがあります。

車内の空気が外気によって冷却された窓ガラスに触れて局部的に温度が下がり、露点以下になった時に、空気中の水蒸気が水滴となるためで、これを防ぐ方法は、車内の空気を冷たい窓ガラスに直接触れないようにするか、接触しても結露しないように車内の空気の露点温度を下げる(すなわち湿度を下げる)しかありません。

前者の対策としては窓に断熱材などを貼る方法があり、後者の対策は車内の空気の湿度を下げるために、エアコンで除湿したり、窓を開けて換気したりといった方法があります。手っ取り早いのがエアコンなのですが、夜中のエンジン騒音と省エネの観点から避けたいところで、結局のところ換気が現実的な方法なのですが、この方法は時として逆効果になる場合があります。

つまり、

(1) 室内の湿度を下げたいとき(結露対策) → 外気の方が室内より水蒸気量が多いときは換気すると逆効果になる。

(2) 室内の湿度を上げたいとき(乾燥対策) → 外気の方が室内より水蒸気量が少ないときは換気すると逆効果になる。

ということです。

ここで水蒸気量とは、1立方メートルの空気の中に含まれている水分の量をグラムの単位で表したもので、「絶対湿度」ともいいます。

空気に関して温度と湿度は相関にあるため、同じ空気でも温度が上がれば湿度は下がり、温度が下がれば湿度は上がります。車内外の空気を比較するとき、両者の温度が一致していなければ単純に湿度を比較することはできません。

そこで、空気中の水蒸気量という尺度で捉えると、車内外の温度が異なっても共通の尺度で湿度を比較することが出来ます。つまり、車内外の空気が同じ水蒸気量であれば、車内の温度を車外の空気の温度と一致するように調整すれば両者の湿度は一致します。

車内の水蒸気量から結露温度を割り出し、その日の予想最低温度と較べることによって結露の有無をあらかじめ想定することが出来ます。

温度、湿度ともハンディな温湿度計が1個あれば測定はできます。あとは計算式なのですが、都度計算するのは面倒なので、EXCEL にあらかじめ計算式を組み込んだものを作ってあります。車内、車外の温度・湿度を入力するだけで、それぞれの水蒸気量と露点温度を知ることが出来ます。

さて、ここまで整理してきたが、現象を定量的に把握するまでは何とか出来たものの、それから先の対策までには至っていません。というか、結露対策とは別に酸欠防止の観点から車内の換気は必要で、ドアにネットをかぶせて窓を数センチ開けています。その状態で結露するという事はほとんどありません。それでも窓が濡れれば拭き取るまでのことで、現状ではそれ以上の不都合は感じていません。

冬期間など、もっと厳しい状況下で車中泊するとなると結露ではなくて窓に霜が張り付いたりするし、暖房を使うと車内の空気が乾燥したりします。そうなると結露・乾燥対策も本腰をいれなければならないのでしょうが、4月~10月しか車中泊しない自分の場合は、ダウンのシュラフを使ったりすることで何とかなっています。

<< 2018.9.26追記 >>

温度と湿度から水蒸気量を算出できるのなら、最初から水蒸気量を表示できる安価な温湿度計はないものだろうかと探した結果、「A&D みはりん坊ダブル AD-5687」という商品を見つけました。画面では「乾燥指数」と表示されていますが、実は「絶対湿度 ( VH ) 」そのものです。

絶対湿度が分かる温湿度計