写真の露出 ― 基礎知識とEV値 ―
写真の露出について,その考え方や実際の撮影に即したテクニックなど,実践的なノウハウを記載した書籍は,書店で比較的容易に入手することができると思います。あまり深く・細かく考えずに,撮ることに専念するのであれば,それらの書籍から得られる知識があれば十分なのですが,しかし,一旦,そこに書かれていることに"なぜ","どうして"という疑問を持つと,なかなか書籍等からは答えが得られない場合が多いと思います。
それらの書籍は、細かい理屈は別にして,とにかく使うための実践的なノウハウを記述することが主眼になっていますから,理論的な組み立てや説明が省略されており,中には慣習からくる矛盾した用語の使い方があったりして,ますます疑問を増長してしまうようなところもあります。
私はこの疑問に突き当たり,理屈を理解しようとしていろいろな書籍等を探したのですが,素人向けにやさしく解説したものにはとうとう巡り会うことができず,長い間,棚上げにしていました。
それなら,いっそのこと自分で書いてみようと思い立ったのが,2年ほど前で,それ以来,少しずつ調べて,実際に撮った写真を作例として確認しながら書きためてきたものが,やっと形になったため,コンテンツとして掲載することにしました。
一部に数式を使っていますが,私は数学が得手ではないため,専門の方からみれば表現が不完全な部分もあるかと思います。
2008.3.29
第1章 写真の露出について
■ファインダー越しに見える景色の明暗の範囲と感光体に記録できる明暗の範囲
■記録した画像を表示する際の明暗範囲
■白飛びと黒つぶれ
第2章 露出補正
■露出補正の必要性
■露出補正の方法
第3章 基礎から考える露出値
■「露出値」と「露光量」
■被写体の標準反射率
■標準反射率を考慮した露出値の決定
第4章 露出値の測定とEV値
■「露出値(EV値)」とは
■「露出値(EV値)」の測定
■露出値(EV値)の使い方
第5章 露出値(EV値)を数値で捉えよう
■露出係数
■絞り値(F)を変数とする指数関数( Fx
■露出時間(T)を変数とする指数関数(Tx
■フィルム感度係数(I)を変数とする指数関数
第6章 ラチチュード(寛容度)
■ラチチュード(latitude:寛容度)とは
■記録した画像を表示する際の明暗範囲
■実践的な露出値の決定方法
■参考文献